わんわんブログ

一人暮らしをエンジョイしながら趣味を満喫!

MENU

【一人暮らし】洗濯物が乾かない時には衣類乾燥除湿機!選ぶ時のポイントを調べてみた!

こんにちは。

 

一人暮らし4年目、洗濯物を畳むのが苦手なわんわんです。

 

みなさんは洗濯物が乾かなくて困ってしまった事ってありませんか?

雨が降って湿度が高いときなんか、特に乾きづらくて、イライラしちゃいますよね。

 

それに、乾くのに時間がかかってしまうと、生乾きの臭いがついてしまって洗濯のやり直しなんて事にも。

 

そんな洗濯物が乾かなくて困っている人の助けになってくれる家電は、衣類乾燥除湿機です。

 

でも衣類乾燥除湿機って聞いた事あるけど、たくさん種類があるし、よくわからないって人は多いと思います。

 

そこで本記事では、

 

 

・衣類乾燥除湿機を選ぶ時に注目したいポイント

 

・一人暮らしにピッタリな衣類乾燥除湿機

 

 

について書いていきます。

 

衣類乾燥除湿機が気になっている人はぜひ最後まで読んでみてください。

 

この記事を最後まで読んだら、きっとあなたにピッタリな機種が見つかりますよ。

 

衣類乾燥除湿機を選ぶ時に注目したいポイント

f:id:Wanwan08:20210629213852j:plain

それでは、衣類乾燥除湿機を選ぶ時のポイントについてみていきましょう。

 

除湿方式

 

一人暮らしの部屋で使いたい衣類乾燥機には2つの除湿方式があります。

 

それはコンプレッサー式とデシカント式。

 

それぞれの特徴は

 

コンプレッサー式

 

気温が高いほど、除湿能力が上がる

 

室温を上げずに除湿できる

 

ヒーター搭載モデルなら冬でも除湿能力が落ちない

 

デシカント式と比べて、電気代が安くすむ

 

 

デシカント式

 

コンプレッサー式よりも小型で静か

 

室温が若干上がるから冬に使うと便利

 

電気代が高め

 

夏場の使用には向かない

 

 

などです。

 

他にもハイブリッド式(コンプレッサー式、デシカント式の両方の特徴をもつ機種)もありますが、サイズや価格面で一人暮らしの部屋には向きません。

 

 

送風機能

 

衣類乾燥除湿機の中には送風機能を搭載している機種があります。

送風機能があれば洗濯物を乾かす時間が短縮できるのでとても便利。

 

それに機種によってはサーキュレーターを搭載しています。

除湿しながらサーキュレーターで、ダイレクトに風を当てればさらに早く乾かす事ができて、電気代にも優しいです。

 

もちろんサーキュレーター機能のみでも使う事ができますよ。

 

空気清浄機能

 

シャープのプラズマクラスターパナソニックのナノイー、などの空気清浄機能。

 

部屋干しだと、生乾きのニオイが気になってしまうので、できれば付いていて欲しい機能ですよね。

 

それに部屋の空気もキレイに出来るので、一石二鳥。

 

けどその分、価格はちょっと高めです。

スポンサーリンク

 

除湿能力

 

衣類乾燥除湿機は、機種や型式によって適応面積が違います。

それに適応面積が広いほど、本体のサイズも大きくなり、価格も高くなりがち。

 

一人暮らしの部屋なら適応面積8〜12畳くらいの機種がちょうどいい感じだと思います。

 

ただ、適応面積は部屋の構造(木造、コンクリートなど)によって、変わってくるのでそこは注意したいですね。

 

 

一人暮らしにピッタリな衣類乾燥除湿機

 

それでは、たくさんある衣類乾燥除湿機の中で、一人暮らしの部屋にピッタリな機種を見ていきましょう。

 

衣類乾燥除湿機はどれを買ったら良いか分からないという人に、とりあえず迷ったらコレという機種を3つ紹介していきます。

 

アイリスオーヤマ DCE-6515

 

 

 

・電気代が安くすむコンプレッサー式

 

・大型フラップで洗濯物が素早く乾く

 

・目標湿度を設定してタイマーでOFFできる

 

 

一人暮らしの部屋にちょうど良さそうなサイズ感。

 

それにシンプルなデザインなので、どんな部屋でも違和感なく設置できます。

 

取っ手付きなので設置場所の移動が簡単。

 

普段は部屋の除湿をしてもらい、洗濯物を乾かしたい時には、場所を移動して効率よく乾燥させる事ができますよ。

 

評価の良いレビュー

 

・タンクの水がいっぱいになると自動停止する機能は便利。

 

・除湿性能も高くてコンパクトなので、使い勝手が良い。

 

評価がイマイチなレビュー

 

・タンク容量がもうちょっと欲しかった。

 

・本体サイズの割にけっこう重い。

 

 

シャープ CV-L71-W

 

 

 

・コンパクトサイズのプラズマクラスター除湿機

 

プラズマクラスターでイヤなニオイをしっかり抑制

 

・24時間排水に対応

 

 

シャープのプラズマクラスターは有名ですね。

 

スーツや制服など、洗いにくい衣類も手軽に消臭できるので、サラリーマンや学生さんにはピッタリ。

 

クローゼットなどで使えば除湿をしながら、洋服の消臭やカビ対策にもバッチリです。

 

コンプレッサー式だから電気代もお得。

 

 

評価の良いレビュー

 

・洗濯物が部屋干しでなかなか乾かなかったけどこの除湿機を使いだしたら、乾くのが早くなった。

 

プラズマクラスター製品は初めて利用しましたが、ホントに嫌なニオイが消えたので驚きました。

 

評価がイマイチなレビュー

 

・タンクの出し入れがとてもしづらく、何度もガチャガチャする必要がある。

 

・コンプレッサー稼働時にまぁまぁの音がします。寝室での使用はキビシイかな。

 

 

コロナ CD-P63A2(W)

 

 

 

・10年間フィルターの交換が必要なし

 

・排水タンク容量3.5Lで水捨ての回数が少なくすむ

 

・風向きを自由に調整できるミニルーバー

 

 

本体がコンパクトサイズなのに、排水タンク容量が3.5Lと大きめなので、水捨てを少なくしたい人にピッタリ。

 

10年間交換不要フィルターも交換する手間もなく楽ちん。

まぁもちろん、定期的なお手入れは必要ですけど。

 

一人暮らしだと何かとめんどくさくなってしまうので、こういった機能は嬉しいですね。

 

評価の良いレビュー

 

・価格も安くてしっかり乾く、言うことなしです。

 

・同価格帯の製品と比べると、除湿機能は飛び抜けてる。

 

評価がイマイチなレビュー

 

・製品によって当たり外れがある。ハズレを引くと音がうるさく、工夫が必要になる。

 

・水を捨てる時に排水タンクに蓋がないので、こぼれそうになる。

 

 

まとめ

 

洗濯物が乾かない季節に使いたい衣類乾燥除湿機。

 

選ぶ時の注目ポイントは

 

 

・除湿方式

 

・送風機能

 

・空気清浄機能

 

・除湿能力

 

 

上記の4つです。

 

この注目ポイントを意識してぜひあなたに合った衣類乾燥除湿機をみつけてみてください。

 

衣類乾燥除湿機を使えば洗濯がとても楽になりますよ。

 

あわせて読みたい記事はこちら↓

www.wanwanblog.work

www.wanwanblog.work