車中泊にあると便利なアイテムは?オススメのアイテムを徹底紹介!

はい、わんわんです。

車中泊をする人、増えていますね〜!

色々な所を自由に巡れて、旅館やホテルの予約もいらない、更には旅費も抑えられるとなると、人気なのも納得ですね。

子供と一緒だったら、さらに楽しい事間違いないのでいい思い出作りになりますよ。

 

そんな車中泊をこれから始めてみたいという方も多いのでは?

そこで本記事では、これから車中泊を始めるという方に、持っていたら更に快適に車中泊をする事が出来るオススメのアイテムをご紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

車中泊にあると便利で快適なアイテムとは?

f:id:Wanwan08:20200206220053j:plain

車中泊をするとなると、ホテルや旅行で泊まるより不便な事が出てきて当然ですよね。

その不便を楽しむのも車中泊の醍醐味ではありますが、不便すぎても疲れちゃうので少しでも解消してくれる便利なアイテムを見ていきましょう。

 

車内にあると快適性が段違い、ポータブル冷蔵庫

車中泊をするという事は、車内にいる時間が自然と長くなります。

長時間座りっぱなしだと疲れてくるし喉が渇いたり、お腹が減ってきたりしますよね。

そんな時にあると便利なのが、ポータブル冷蔵庫。

車内にいる時にいつでも冷たい飲み物や、冷やしておいた食べ物などを飲食できるので、座ってるストレスも軽減できます。

それに持ち運びが出来るポータブル式なので、外で使用する事もできます。

昼間、外で遊ぶ時などにすごく便利ですね。

 

注意点としては電源確保の方法です。

車のシガーソケットから電源供給できるので走っている時は良いですが、車のエンジンを止めてしまうと電源が切れてしまうので、屋外や車中泊する時にはポータブル電源などを使用する必要が有ります。

 

オススメのポータブル冷蔵庫はこちら

 

こちらの記事もオススメ⬇️

www.wanwanblog.work

長時間の電力供給にはポータブル電源

車中ではシガーソケットがあるので、ある程度の電化製品は使う事が出来ます。けど、エンジンを止めてしまうと使えなくなってしまうので、長時間車の中で過ごす車中泊にはちょっと力不足を感じます。

それに大きな電力を使う電化製品は使えないので、ちょっと不便です。

 

そんな不便な事を解消してくれるのが、ポータブル電源。

持ち運びが出来る、容量の大きなバッテリーです。

様々な機器に電力が供給できるので、車のシガーソケットを使わなくても、電化製品が使用できるようになります。

先程紹介したポータブル冷蔵庫もこのポータブル電源から電力を供給すれば、どこでも使う事が出来るようになります。

 

キャンプや車中泊、防災の備えにも。ポータブル電源「エナーボックス」

 

注意点としてはバッテリーなので充電するのを忘れると使用する事が出来ない事ですかね。

 

オススメのポータブル電源はこちら

 

こちらの記事もオススメ⬇️

www.wanwanblog.work

www.wanwanblog.work

寒い日の車中泊には電気毛布

冬の寒い時期に車の中で寝るのはなかなか辛いですよね。

エンジンをつけたままなら、暖房が効くので問題ないけど、ガソリンや周りの迷惑を考えるとそういう訳にもいけません。

それに地域によってはアイドリングが禁止の場所もありますしね。

 

車内で寝る時は寝袋や布団を使用すると思いますが、それではまだまだ寒いという方は電気毛布を使用すると良いです。

家で寝る時に使用している方も多いと思いますが、車中泊の時に使用しても効果は抜群です。

寒さに弱い方には、特にオススメですね。

 

注意点としては、やはり電気を使うのでポータブル電源などが必要になってくる事ですかね。

 

オススメの電気毛布はこちら

 

座席をフラットにして快適なベッドに

車中泊での楽しみと言ったらやっぱり、車の中で寝ることですよね。

普段とは違う環境で寝るのはとてもドキドキして楽しいもんです。

ですが楽しいのは良いけど、一般的なワンボックスカーだと、座席をフルフラットにしても凸凹が出来てしまって快適に寝るのは難しいですよね。キャンピングカーならそんな事はないですけど。

そこでワンボックスカーでの車中泊を検討している方にオススメなのが、車中泊マットです。

車中泊マットは車種専用のモノから、サイズが合えばどの車種でも使えるモノがあります。

一般的には車種専用の方がちょっとお高めだけど、ピッタリとハマるので、見た目もスッキリします。

どの車種でも使えるモノなら車を買い替えても使えるメリットがあるので.そこは好みで選べば良いと思いますよ。

 

車中泊マットを使えば、座席の凸凹も気にならなくなるし、快適に眠る事が出来るので、ワンボックスカーでの車中泊にはとてもオススメです。

 

オススメの車中泊マットはこちら

 

こちらの記事もオススメ⬇️

www.wanwanblog.work

居住空間を広げるならカーサイドタープ

キャンプ場で車中泊をしたい方にオススメなのがカーサイドタープです。

車に接続して使うタイプのタープで、寛げるスペースを延長する事が出来ます。

夏の強い日差しを防ぐ為に使用してもバッチリですし、荷物の置き場所に使ってもオッケー。

広いスペースが有れば何かと便利になると思います。

車に接続するので、設営も簡単だから車だけでは狭いな〜と言う方には、ぜひオススメですね。

 

オススメのカーサイドタープはこちら

 

こちらの記事もオススメ⬇️

www.wanwanblog.work

泊まる場所を探すならこのアプリ

車中泊をするには長時間車を止めて置いても良い場所が必要です。

高速のSAやPAなどは代表的ですが、下道の道の駅なども良く利用されています。

ですが迷惑行為が多かった所や、周りに住宅地が密集している所では車中泊禁止にしている所もあるので注意が必要です。

前もって車中泊が出来るかどうかを調べたりしておかないと、いざ泊まろうとしてダメな場所だったら大変ですね。

そんな事にならない為にもスマホのアプリで前持って調べておきましょう。

車中泊に便利な、近くにある日帰りの入浴施設なども検索できるので目的地選びの参考になります。

 

最近ではRVパークという車中泊利用者の為の施設も増えてきているようです。

有料ではあるけど、24時間利用可能なトイレや電源設備、ゴミ処理施設などが使用出来るのが特徴で、1週間程度の長期滞在も可能になっています。

 

オススメのアプリはこちら

道の駅+車中泊マップ drivePmap v3

道の駅+車中泊マップ drivePmap v3

Takuo Kamimura無料posted withアプリーチ

  

プライバシーを確保するカーテン

車中泊をしている時に気になるのは、周りからの視線ですね。

夜寝ている時に、見られていると思ったらぐっすり眠れないし、恥ずかしさもあります。

それに着替えとかも車の中でしたい時もあるし、外から見られるのは避けたいものです。

そんなプライバシーを守る為に、車の窓をカーテンやシェードで目隠しするのを忘れてはいけません。

いくら窓にスモークを貼っていたとしても、車内でライトを点けたら中が丸見えになってしまうのでカーテンやシェードを使用した方が無難です。

 

オススメのカーテンはこちら

 

さいごに

f:id:Wanwan08:20200206224820j:plain

車中泊に必要な物はたくさん有りますがその中でも、あると便利なアイテムを紹介してみました。

初めて車中泊をする方や、もっと車中泊を快適にしたいと思っている方はぜひ参考にしていただいて、車中泊を楽しんでもらえたら嬉しいです。