子供の居場所を確認したい!いざと言う時の連絡方法はどうするべき?

こんにちは、わんわんです。

 

子供の安全を守るのは親の大事な勤めですね。

学校から帰って来て遊びに行くのは良いけど、親からすると何処に居るのか心配になります。最近はとても物騒な事件とかありますし。

そんな心配を少しでも和らげる為にお子さんが遊びに行っている時の居場所を知る方法や、いざという時に連絡を取り合える方法を見ていきましょう。

 

もくじ

 

 

子供の居場所は知っておきたい!いざという時の連絡方法とは?

f:id:Wanwan08:20200125133908j:plain

 

それでは遊びに行っている子供の居場所や連絡方法について見ていきましょう。

 

子供の居場所はGPSで把握しよう

子供の居場所はその日によって違うもの。

友達の家だったり、近くの公園だったり、友達に誘われて何処か分からないところだったりと簡単には把握できないです。

子供達に前もって「遠くに行ってはダメだよ」と言っておいても、子供は子供で都合があるので、素直に聞いてくれるとも限らないですし。

そこで便利なのがGPS機能を持った端末です。

どこに居るのか分からない時に居場所を確認する方法として最適なGPS端末を持たせておけば、親御さんが子供の居場所を常に把握する事が出来きて安心です。

GPS機能を持った端末は色々出ていますので、その辺を詳しく見ていきましょう。

 

見守り用のGPSで把握する

子供の居場所を知るだけなら、見守り用のGPS端末がオススメです。

月額費用は掛かりますが、500〜700円くらい。

ランドセルに入れておくだけで、子供達の居場所や行動履歴をスマホで確認する事ができます。

端末自体も小さくて軽いですし、ランドセルに入れておいても邪魔になりません。

端末を持っている子供からも自分の現在地を知らせる事が出来るので、困った時などに役立ちそうです。

小学生の低学年くらいまでの子供達には最適な方法だと思います。

 

 

スマホを持たせて居場所と連絡手段を確保

居場所の確認と一緒に、連絡方法として電話やLINEを使用したい方は、スマホを持たせるのが1番です。

親としてもそれが1番だという事は分かっているけど、持たせることによって色々と違った心配が出てきてしまいます。

ネット動画を見過ぎないかとか、SNSなどでトラブルに巻き込まれないかとかですね。

スマホを持たせる事によって勉強が疎かになってしまってはダメですしね。

 

子供にスマホを持たせる場合は、親御さんがしっかりとルールや危険性などを教えてあげないといけないです。

最近では、アプリで子供のスマホの機能を管理する事ができるので、その機能を使うのもいいですね。

 

保護者向け Google ファミリー リンク

保護者向け Google ファミリー リンク

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile

 

 

スマートウォッチと連携して居場所を確認

子供にスマホを持たせるともう一つ大きな心配事があります。

それは遊んでいる間に無くしたり、壊したりしてしまう事です。

子供達が遊んでいる時は遊びに夢中になっているので、スマホの事なんか気にしてません。

落としたり無くしたりして気付かないのも無理はありませんよね。

そのような事が心配な方は、スマートウォッチと連携して持たせると良いです。

 

スマートウォッチは腕時計と同じように付けるので、落とす事やなくす心配もありません。

それにスマホはカバンや、首から下げるタイプのケースなどに入れておけば良いので安心です。

スマホをカバンの中に入れておいても、電話やLINEの通知をスマートウォッチが振動などでお知らせしてくれるので気付かないを防げます。

子供からしたらスマホはとても大きな物なので、ポケットとかに入れていたら遊びの邪魔になっちゃいますしね。

 

 

子供達だけで留守番させる時は?

f:id:Wanwan08:20200125134302j:plain

遊びに行っている時だけでなく、子供達だけの留守番をさせるのは心配なものです。

けど、どうしても子供達だけで留守番させないといけない状況になった時はどうしたら良いのでしょうか?

そんな時の解決策を見ていきましょう。

 

家族や友達にお願いする

近くに家族や友達が住んでいる場合は、お願いしちゃうのもアリですね。

家族や友達なら信頼して任せられますし、何より安心できます。

連絡も取りやすいので一石二鳥ですね。

ですが、いくら家族や友達だからと言って頻繁にお願いするのは迷惑をかける事になるので注意しましょう。

あとお礼は忘れずにちゃんとしましょうね。

 

シッターサービスを利用する

近所に頼めるような方がいない場合や、頻繁に頼みたい方は、シッターサービスを利用してみると良いかも知れませんね。

仕事や冠婚葬祭などで突然、子供達だけで留守番させなくてはならない時にも連絡すれば予約できたりします。

さらに面倒を見てくれている時に、英語のレッスンなんかもしてくれるようなので、学力向上にも貢献してくれるかも。

日本ではまだまだ聴き馴染みのないサービスですが、とても便利だと思いますよ。

 

急な用事もOK!【ピックシッター】

 

Webカメラで確認する

子供の世話を頼める人が近くにいなかったり、シッターサービスはちょっと料金が気になるという方には、Webカメラでお家の中を撮影して、自分のスマホで確認する方法をオススメします。

スマホでお家の様子を確認出来るので、自分がどこにいても子供の様子を知る事ができ、とても便利ですよ。

それに例えば、子供が学校から帰宅したらお知らせしてくれる機能とかあったりします。

さらには、遠隔操作でカメラの向きをかえたりできるので、子供の行動に合わせて確認する事も可能です。

 

 

 

さいごに

子供の居場所を把握しておくのは、非常に大切です。

それに普段から子供ともコミュニケーションを取って、ルールや危険な事や場所について話し合う事も重要だと思います。

出来る対策はしっかりとして、大人と子供が安心、安全に過ごせる様にしましょう。