わんわんブログ

一人暮らしをエンジョイしながら趣味を満喫!

MENU

【アウトドア】キャンプで使うポータブル電源は、どんな機能が必要?今、人気の機種はコレ!

こんにちは、わんわんです。

 

キャンプは不便を楽しむレジャーだと、だれかが言ってました。

 

確かにキャンプは非日常を楽しむレジャーなのでわんわんもそう思います。

 

けど、やっぱり便利な物も使ってストレスなく楽しみたいと思っている方も多いはず。

 

特に家族でキャンプを楽しみたい方や、初心者の方達。

 

そこで本記事では、どこでも便利な電化製品を使えるようにしてくれるたアイテム、ポータブル電源について書いていきます。

 

キャンプの時にはどんな機能が役に立つのか?

今人気の機種はどんな機種なのかを分かりやすく紹介していきます。

 

 

ポータブル電源ってどんな物?

f:id:Wanwan08:20210203093351j:plain

 

簡単に言うと、携帯の充電などで使用するモバイルバッテリーより更に大きな容量を持ったバッテリーです。

 

携帯の充電はもちろん、LEDランタンの充電、寒い時に使いたい電気毛布、などキャンプで使いたい家電を長い時間使う事が出来ます。

 

本体の外観はクルマのバッテリーをオシャレなデザインにした感じです。

 

キャンプだけでなく、災害時にも役立つので最近では需要が高まっています。

 

キャンプで使うならどんな機種がいい?

 

それではキャンプで使うならどんな所に注目して選んだら良いのか見ていきましょう。

 

  • 容量(wh)に注目
  • サイズと重さ
  • 出力出来る端子の数
  • 充電方法

 

容量(wh)に注目

 

基本的にポータブル電源の容量はwh(ワットアワー)で表示されている事が多いです。

 

時間あたりの電力使用量を表していて、数字が大きくなるほど大容量となり、 消費電力の大きな家電も長く使用できます。

 

キャンプで使用する場合、使いたい家電は消費電力がそこそこあるので、電池容量が500wh以上の商品がオススメです。

 

サイズと重さ

 

容量(wh)が大きくなるとサイズや重さも大きくなります。

 

容量が大きければ大きいほど、使用出来る時間が長くなるので、なるべく大容量の商品を選びたいところですが、その分、サイズや重さ、それに価格も高くなるデメリットが。

 

自分が使用したい家電の消費電力を調べて、適切に選ぶ必要がありますね。

 

出力ポートの種類

使う事の出来る出力ポートの種類は重要です。

せっかく購入しても、使えない端子だと意味ないですし、変換コネクタなどを別に用意しないといけなくなります。

 

主要な出力ポートはこちら

  • USBポート
  • AC出力ポート
  • DC出力ポート
USB出力ポート

スマートフォンタブレット端末、ノートパソコンなどの充電をする事が出来る端子。

 

直接つなぐ事ができるので、簡単に充電ができます。

 

こまめにスマートフォンタブレット端末を充電したい方には必須と言っていいでしょう。

 

AC出力ポート

普段使用している家庭用の家電製品が接続できる出力ポート。

 

扇風機やポータブル冷蔵庫、冬には電気毛布も使用する事ができるようになります。

 

1番使うと思う出力ポートなので、搭載されているかちゃんと確認しましょう。

 

D C出力ポート

主に車で使う家電製品をつなげられる出力ポート。

 

シガーソケットタイプの接続口が多いです。

 

車中泊でキャンプをする方達には重宝すると思います。

 

充電方法

自宅のコンセントで充電できることはもちろん、他の方法でも充電する事ができる機種もあります。

 

災害時に役に立つソーラー充電

f:id:Wanwan08:20210203093256j:plain

 

別売りのソーラーパネルを使えば、太陽光を利用して充電できる機種もあります。

 

災害時の停電してしまった時でも、太陽光で充電できるので、いざという時に役に立ちそうです。

 

ソーラーパネルは別売りの場合が多いので、費用はかかってしまいますが、万が一の備えのためにも購入を考えても良いかもしれません。

 

 

ドライブ中に充電できるカーチャージ機能

 

ポータブル電源の中には車内でも充電できるカーチャージ機能が付いている製品もあります。

 

目的地に向かうまでのドライブ中に充電する事が出来るので、もし家で充電し忘れてしまっていても安心です。

 

災害時の停電の時でも車から充電できるので非常時にとても役立ちます。

 

選ぶ時の注意点は?

f:id:Wanwan08:20210203093520j:plain

 

それではキャンプで使うポータブル電源を選ぶ時に注意しておきたい事を見ていきましょう。

 

500Wh以上の電池容量がオススメ

 

キャンプでは扇風機やポータブル冷蔵庫などを使用したいと思うので、500Wh以上の電池容量を選択した方が良いですね。

 

500Whあればポータブル冷蔵庫(45W)なら約9時間、冬場に使う電気毛布(60W)なら約7時間の連続使用ができます。

 

出力波形にも注目

 

AC出力ポートの出力波形は正弦波と矩形波の2種類あります。

 

正弦波なら普段使用している家庭用コンセントと同じ波形なので、扇風機や冷蔵庫などほとんどの家電製品が使用可能です。

なので正弦波の製品を選んでおけば間違いありません。

 

矩形波のポータブル電源では使用出来る家電製品が限られてしまいます。

例えば白熱電球やホットプレートなど、単純な作りの家電製品。

 

比較的リーズナブルな価格のポータブル電源には矩形波の製品もあるので注意しましょう。

 

 

今、人気のポータブル電源は?

f:id:Wanwan08:20210203094044j:plain

 

今、人気のあるポータブル電源を5つ見ていきましょう。

 

Jackery ポータブル電源 700

 

 

  • コンパクトなサイズで6.3kgと軽量なので持ち運びが楽。
  • 家庭用コンセントだけでなく、ソーラー充電、シガーソケット充電にも対応。

 

みんなのレビューは?
  • 容量の割にコンパクトで機能も充実してる。
  • 充電時間はそれなりにかかりますが、静音性、携帯性、使い心地には満足してます。
  • ACコンセントの差し込み具合が緩めなのが少し気になる。

 

ECOFLOW ポータブル電源 RIVER Max

 

 

  • X-Stream充電なら0%から80%まで1時間で充電出来る。
  • 高いデザイン性と高性能。
  • IHクッキングヒーターやコーヒーメーカーなども使える。

 

みんなのレビューは?
  • 液晶表示が見やすく、操作も簡単で気に入ってます。
  • アウトドアというより災害時に役立ちそう。
  • 充電時間が早い。

 

HYPOWELL ポータブル電源540Wh

 

 

  • LEDライト付きで非常時にも役立つ。
  • 純正弦波を採用しているので、家庭用コンセントと同じように使える。

 

みんなレビューは?
  • 明るいライトが付いてるのが凄く役にたってる。
  • 思っていたよりも軽くて小さい。
  • 2泊3日のキャンプで再充電の必要なく余裕をもって使用できた。

 

JVCケンウッド BN-RB5-C

 

 

  • 信頼の国内メーカー品質モデル
  • 高性能リチウムイオンバッテリーを搭載し、コンパクトボディなのに高出力。
  • 独自の安全基準を検証した高い安全性。

 

みんなのレビューは?
  • 電気毛布を一晩使って残り80%は驚きでした。
  • 国産ではないけど、国内メーカーの保証付きは安心できる。
  • 少し冷却ファンの音が気になる時がある。

 

SmartTap PowerArQ

 

 

 

みんなのレビューは?
  • サイズ感も思ったより小さく、デザインも可愛くて気に入ってます。
  • ソーラーでの充電が早く、災害時には大活躍してくれそう。
  • 夏には冷蔵庫や扇風機、冬には電気毛布を使わせてもらってます。

 

レンタルしてみるのもアリ

 

ポータブル電源は高額な物も多いので、なかなか購入に踏み切れない方も多いと思います。

 

そんな方は、レンタルがオススメです。

 

キャンプへ行く時やバーベキューをしたい時にだけレンタルすれば経済的ですし、ポータブル電源とはどんな物かを体験する事ができます。

 

購入しようと思っている方にはオススメなので、ぜひ一度利用してみてください。

 

www.rentio.jp

キャンプで使うポータブル電源は災害時にも役に立つ!

 

キャンプで便利に使えるポータブル電源の特徴は

 

  • 500Wh以上の電池容量
  • コンパクトなサイズと軽量設計
  • 出力ポートの種類の豊富さ

 

などです。

 

それにキャンプで便利に使えるポータブル電源は、災害時にも重宝します。

 

一台もっていれば、万が一の時にも役に立ってくれるので、キャンプ好きな方にはとてもオススメですよ。

 

あわせて読みたい記事はこちら↓