おもちゃの収納には工夫が必要!おもちゃ収納ボックスの上手な活用法を解説!

こんにちは、わんわんです。

子どもとの生活をもっと快適に楽しむために、大きな課題となるのが「おもちゃ収納」です。

とにかく数が多く、カラフルなおもちゃたち。散らかるたびにママが片付け、そしてため息をついている……なんてケースも多いですよね。

 

もくじ

 

おもちゃ収納ボックスの上手な活用法とは?

おもちゃを上手に収納するためのアイテムといえば、「おもちゃ収納BOX」です。

子どももママももっと快適に使えるよう、収納のコツを紹介します。

 

おもちゃ収納BOXは、遊び場所の近くに確保

まずはおもちゃの片付け場所を確保するところからスタートしましょう。すでに「専用の子ども部屋」を持つお子さんのケースで目立つのが、「自分の部屋におもちゃ収納BOXがあり、そこからおもちゃを運んで遊ぶ」という方法です。

この方法はママにとって、「リビングスペースにカラフルなおもちゃが侵入しない」というメリットがあります。しかし子どもにとっては、「収納場所(子ども部屋)」と「遊ぶ場所(リビング)」が離れていて、片付けにくいというデメリットが発生してしまいます。

おもちゃ収納スペースは、子どもの遊び場に近い方がオススメです。リビング収納の下の一部分を割り当てたり、壁際に専用の棚を設置したりと、子どもにとって「片付けやすい環境」を整えてあげましょう。

 

種類分けは「ざっくりと」「わかりやすく」がコツ

おもちゃ収納BOXの設置場所が決まったら、次は収納方法に工夫していきます。まずは子どもが、「どのように遊んでいるのか」を観察してみてください。子どもによって、「お気に入りのおもちゃ」や「種類・シリーズを問わず混ぜて遊びたいおもちゃ」が存在するはずです。

収納BOXをスッキリと片付けるためには、「1BOX=1種類」が基本ルールです。子どもの習慣を把握したら、「おままごと」「くるま」など、わかりやすくジャンル分けしましょう。それぞれのおもちゃに対して、専用BOXを用意します。

あとはこのBOXを、おもちゃ収納棚にセットするだけ。子どもは遊びたいときに、遊びたいBOXを持ってきて使います。散らかるのは1BOXの中身だけですから、お片付けも楽になります。

 

小さめアイテムは「重ねるBOX」が便利

子どもの年代が上がってくると、徐々に増えてくるのが「細かくて雑多なアイテムたち」です。女の子向けのおままごとセットはもちろんのこと、組立てブロックのパーツなど……「どう片付ければ良いの!?」と悩むママも多いことでしょう。

こんなときには、小さめの重ねるBOXを用意しましょう。スタッキングができるBOXは、省スペースをフル活用できる便利アイテムです。

こちらでも、分類方法は「ざっくり」でOK。「まだ入るから」となんでもかんでも詰め込むのではなく、おもちゃの住所を決める感覚で、収納場所を決定しましょう。

 

子どもが自分で「できる」仕組みを整えよう

さて、子育て中には、「どれだけママが一生懸命片付けても、また一瞬で散らかってしまう!」というお悩みも付き物ですよね。これは、「子ども自身が片付けがしにくい環境になっている」ことが原因であるケースも多いものです。

子ども自身が自分で片付けられる収納BOXを用意すれば、ママの負担は激減します。そのためのコツは以下の4つです。一つずつ実践してみてください。

 

専用BOXを決めたら、ラベルを貼る

不器用なママでも実践できるのが「1BOX=1種類」のおもちゃ収納ルールです。同じデザインのBOXで揃えると、非常にスッキリした見た目になりますが、子どもにとっては「何がどこに入っているのかわかりにく」という特徴があります。

専用BOXを用意したら、ぜひ中身のラベルを貼り付けてみてください。100円均一のラベルシールやフォトフレームを活用するほか、実際の子どものおもちゃを写真にして、ペタリと貼るのもオススメです。

 

BOXは「蓋なし」「軽いもの」を

せっかく専用BOXを用意しても、子どもが使わなければ意味はありません。

子どもにとって、「重くて運べなBOX」や「出し入れに手間がかかるBOX」はストレスの元となります。できるだけ軽く、またできれば蓋がついていないものを選択しましょう。

これならば、子どもは自由にBOXを移動できますし、ぽいぽいと投げ入れるだけでお片付けを完了できます。

 

「とりあえずBOX」を作る

おもちゃの種類が増えてくると、「これはどこにしまうべきだろう?」と悩んでしまうこと、大人でもありますよね。こんなときに活躍するのが「とりあえずBOX」です。子どもが複数人いる場合には、それぞれの専用BOXを用意してあげましょう。

このBOXがあることで、子どもの迷いをサポートできます。BOXの中身は、時間に余裕があるときにチェックすればOKです。「必要なもの」「必要ではないもの」「分類できるもの」など、親子のコミュニケーションを楽しみながら、見直してみてくださいね。

 

子どもの意見を取り入れる

親が買い与えたとしても、おもちゃは子どもの所有物です。それを収納するBOXを作る際には、子どもの意見を積極的に取り入れるのがオススメです。

何と何がセットになっていると遊びやすいのか、またどのBOX同士が近いとお片付けしやすいのか。どれが一軍のおもちゃなのかは、子ども本人でなければわからないことも多いものです。

ママの仕事は、子どもの意見を取り入れて、より使いやすい形に工夫すること。収納BOXに子ども自身が愛着を抱いてくれるようになれば、自然とお片付けもはかどるはずです。

 

おもちゃ収納は、子どもにとって使いやすいことがベスト!

いかがでしたでしょうか。

おもちゃ収納は、子どもがメインで使う場所。だからこそ、ママではなく、子ども目線で使いやすいことが何よりも重要なポイントとなります。

ぜひこの記事を参考にお子さんと一緒に楽しみながらおもちゃを収納してみてください。