どこでも使えるセパレート式ランタン

はいどうも、わんわんです。

夏に向かって全力疾走している今日この頃は、日が長くて暗くなるのが遅くてなってまいりました。

キャンプの時も日が長いと1日が長く感じて、レジャーを楽しむ時間を長く取る事が出来そうです。でも必ず夜はやって来てしまいます。

キャンプの時は夜には夜の楽しみがあるので良いですね。

焚き火を囲んで静かな夜を楽しむのは最高にリラックス出来る時間です。

そんな夜を楽しい夜にも使えるセパレート式ランタンのご紹介。

 

 

どうしてオススメなの?

 

充電忘れのない電池式

充電式のランタンってたくさんありますね。電池を交換しなくても、ただお家のコンセントから充電しておけば、持ち運んで使用できるので凄いメリットだと思います。

けど充電し忘れていたら直ぐには使う事が出来ないですね。

もう出発しないといけないのに、直前になって充電切れに気づいたら置いて行くしかなくなっちゃいます。

その辺は充電式のデメリットだと思います。

電池式なら交換の手間はあるけど、直ぐに使えるし持ち運びも出来る。

換えの電池を持っていれば、電池切れも心配なしです。

もしもの停電時に使いやすいのは電池式ですね。

 

セパレート出来て便利

キャンプの夜は静かで、街灯が無いので真っ暗。もちろんトイレに行く時も真っ暗です。

そんな時はランタンや懐中電灯で照らしながらトイレに行くと思います。

でもランタンを持って行ってしまったら、テントの中が真っ暗になってしまって、待っている人たちが何も見えなくなってしまいます。

そんな時はこちらのランタンをセパレートすれば大丈夫。

片方はテントの中に、もう片方はトイレに行く人が持って行ける。

1つで2つの光源を作り出してくれるので、とっても便利。

特に子供は暗闇を怖がりますので、家族でのキャンプでは大活躍ですね。

 

マグネットでくっつく

夜に車を運転していて、タイヤがパンクなんてしたら最悪です。

暗い中でタイヤ交換や応急処置をしないといけなくなっちゃいます。

まぁJAFに連絡してもいいけど、お金かかっちゃいますしね。出来れば自分で処置したいもんです。

そんな時、同乗者がいれば懐中電灯やランタンで手元を照らしてもらって作業出来るけど、1人の時は困ってしまいます。

光源を地面の下に置いたら手元は照らせないし、手で持っていたら作業出来ないし、イライラしちゃいます。

そこで便利なのがこちらのランタン。セパレートさせて車のボディにマグネットでくっつければ手元を簡単に照らせますね。

作業効率も大幅アップ。さっさと終わらせてタイヤを新品に換えに行きましょう。

 

 

雨でも安心、生活防水

キャンプの時には雨が急に降ってくるのはあるあるですね。

夜ご飯を食べてリラックスしているのに雨が降って来るなんて事もあるかと思います。大慌てで片付けをしてテントの中に避難する事になっちゃいますね。

そんな時でもこちらのランタンは生活防水機能でちょっとの雨では壊れないから安心です。

キャンプの夜にランタンは無くてはならない存在ですからね。

 

使い方はたくさん、非常時にも

電池式のランタンは使い道はたくさんあります。

特にこちらのランタンは吊るす、置く、手持ち、マグネット、さらにセパレートと設置方法がたくさんありますので、色んな場面で役立ちます。

非常時にも1つあれば安心ですね。

ぜひランタンをお探しの方は、候補に入れてみて下さいな。